2008年01月05日

沼津市下河原 ひもの和助 【珍しい『干物カフェ』です?!】

和助 干物 干物カフェ
沼津といえば干物ですね。
そう考えるとこの和助、最も沼津らしいカフェだと言えるかもしれません。
沼津駅から南に延びる「さんさん通り」沿い、沼津下河原郵便局のすぐ北側にあるのがひもの和助です。

干物 ひもの アジ 鯵 鰺
このお店は、国内産で無添加の干物を売る干物屋さんであると同時に、ギャラリーを併設したカフェでもあるのです。


11:30〜14:00の間は、おにぎりセット定食セットという形で干物を食べることが出来ます。ドライカレー(800円)が異彩を放っていますが、まぁ、カフェ飯ですから。

和助からは沼津港も近いのですが、何故か沼津港には「焼き魚」を食べさせるお店が少ないのです。調理上の都合か、刺身や天ぷらがほとんどなのです。
そうした中で、干物を備長炭で焼いて食べさせてくれるというのは貴重な存在だといえると思います。

「干物の料金以外に500円とか700円って、高くなりそうだなぁ」なんて思われるかもしれませんが、干物自体の価格はかなりお手ごろなので、1000円持っていれば大概大丈夫です。


注文はショーケースを見ながら先に行いますが、料金は後払いです。
まるでケーキ屋のようなショーケースを覗くと…


アジなどの干物がズラリ。アジの開きは大きさによって140円、200円、300円があります。


こちらのはりこきびなごは残念ながらランチセットには出来ませんが…美味しそうですね。


干物が焼けるまで、2階のギャラリーを見学に。天井が高く、気持ちのいい建物です。
先ほどの干物のショーケースが階下に見えますね。


ギャラリー内にはこんなスペースも。
木の香りやぬくもりが感じられます。


こちらはサンマのみりん干し(240円)の定食セット(700円)で、合計940円です。御飯や味噌汁はもちろん、この日はコロッケまで乗っています。1000円を切ってこの内容ならかなりお得感があります。


干物が魅力的に光っています。備長炭のおかげで香ばしく焼きあがっていますし。


こちらはアジの開き(中)(200円)のおにぎりセット(500円)で合計700円です。


こちらも香ばしそうですね。身のほぐれも良く、中身はホントにふっくらしています。


干物と合うように、おにぎりには具材は入っていません。
丁度良いチカラ加減で握られています。


各セットには和菓子が付いてきます。
ほうじ茶や緑茶(無料)を飲みながら、マッタリと頂きます。


コーヒーはセルフサービスでインスタントですが、その分無料です。


インスタントコーヒーの香りって、高校生の頃に寄り道していた友達の家を思い出させます。お盆の上に、ネスカフェとクリープとお湯の入ったポットを乗せて部屋まで持ってきてくれたなぁ…。


14:00〜17:00はカフェタイム。お茶類と和菓子のセットで400円〜500円くらいです。アイス類も200円とかなりお手ごろです。

ちなみに、お客さんは僕達以外ほとんど女性客でした。

干物の地方発送ができるので、観光客の方にも良さそうです。港の雑多な雰囲気を味わうのも良いですが、静かに干物と向き合えるこのお店もかなりオススメです。

↓人気blogランキング 地域情報(東海)へエントリー中。
是非ひと押し、応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ


ひもの和助
静岡県沼津市下河原町51-2 →MAP
電話 055-962-0756
営業時間 9:00〜18:00
定休日 木曜日
駐車場 店前に有












この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。