2008年01月04日

沼津市大手町 茶の屋 亜季(ちゃのや あき)

沼津市 大手町 ランチ
沼津駅南の「ジャンボパーキング」の東側、「ヤマザキデイリーストア」の角を曲がったところ、「都まんじゅう」の隣にあるのが茶の屋 亜季(ちゃのや あき)です。向かいにはドンボーノ凱一輪があり、さながら「小さなグルメ街道」ですね。

お茶カフェ 婦人服 コーヒー 珈琲
貼り出されたメニューの隣には婦人服を着たマネキン…。
亜季は婦人服の販売店でもあるのです。


ボードを見ればランチセットも有る模様。
「オムライス」「ピラフ」と来て「さぬきうどん」というのと、「コーヒー」「アイスコーヒー」と来て「梅ジュース」なのが妙に良いバランスです。
「オーソドックス」「オーソドックス」と来て「軽いハズシ」が来るリズムの心地良さですよ。


メニューブックにはカワイ気と品の良さが出ていますね。基本は「甘味処」なんですね。


飲み物は450円〜550円程度です。抹茶を用いたドリンクや梅ジュースに「和カフェ」「甘味処」っぽさが出ていますね。


「ブレンド、アメリカンのみ2杯目100円」というお得情報の下に軽食のメニューが載っています。ホットケーキや磯辺巻にもかなり興味をそそられます。


オシボリからは爽快なミントの香りがします。


照明も良い感じのものでした。これは花がモチーフになっているようですね。


小さめの瓢箪型の照明も可愛らしいですよね。
カウンターには落ち着いた年齢の女性が。優しく上品な雰囲気の方です。
お客さんはオジさまがひとり。僕と管理人のイナザワくんが加わり、オジサンが3人です。
「婦人服を売るお店だから、男が行ったら浮くかな…」なんて思っていましたが、そんな心配は無用でした。


抹茶系のメニューに興味を惹かれつつも、この日はランチものをオーダー。


こちらはオムライス(サラダ・ドリンク付き)1000円。
キレイな黄色ですよね。


こちらのデリはイカがとても良い味でした。小さなプチプチは何のタマゴでしょうね。
普通に家の食卓に出てきて欲しい一品です。


オムライスの中身はケチャップで味付けられたチキンライスです。これが本当にオーソドックスな感じのチキンライスでした。チキンの質感も懐かしい感じで。
最近なかなか「チキンライス」に遭遇しないので、新鮮な感じでした。タマゴも程好く半熟部分が残っています。


こちらはえびピラフ(サラダ・ドリンク付き)1000円です。これも見るからに懐かしい感じですよね。


最後にコーヒーが。


アイスコーヒーも選択できます。
程好い強さのある味のコーヒーで、スッキリと喉の渇きが癒える感じがしました。

食後もゆっくりと話ができる雰囲気で落ち着けました。
お店の方はカウンターのお客さんに時々声を掛けて、気を配っていらっしゃいました。
ひとりで立ち寄ってもかなり心地よく過ごせそうな感じです。


すべてのチェアは背面と座面に布のカバーが掛かっているのですが、この背中部分には茶の屋 亜季のマークがプリントされています。これまた上品なイメージですよね。

「茶の屋」なのに飲んだのはコーヒーだったので、次回はお茶系のメニューを頼んでみようかと思う僕なのでした。

↓人気blogランキング 地域情報(東海)へエントリー中。
是非ひと押し、応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ


茶の屋 亜季
静岡県沼津市大手町3-5-10 →MAP
電話 055-963-6377
営業時間 11:00〜19:00
定休日 日曜日
駐車場 無


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。