2008年01月04日

裾野市須山 蕎仙坊(キョウザンボウ)

蕎仙坊 蕎山坊 蕎仙房 蕎山房
「もしかしたら、地元よりも東京や神奈川の人からのほうが有名なのか?!」などと思えてしまうほど他県ナンバーの車ばかりが訪れるお蕎麦屋さんが、裾野市須山にある蕎仙坊(きょうざんぼう)です。ある意味、観光地かもしれません。
東名裾野インターチェンジを降りたら北へ(東京側から来たなら信号を右へ)向かいます。そば 蕎麦 ソバ
ヤマト運輸などを横目に見ながら直進を続けると、セブンイレブンのある交差点が。ここで「富士サファリパーク」の看板に従い右折します。

富士山 富士サファリパーク フジヤマリゾート ぐりんぱ グリンパ
やたらとのどかな風景が続きますが、不安がらずに進むと、椎茸の栽培試験場を過ぎてすぐ右手に冒頭の蕎仙坊(きょうざんぼう)の看板が見えます。
東海ゴムや不二家の工場がある工業団地の入口看板が見えたら行き過ぎですよ。


駐車場に車を停めると、大きな屋根の古民家が見えます。


看板には営業時間や定休日が書かれていますが、週末や連休の時などは売り切れて早く閉店してしまうことも珍しくないようです。


この日(←まだ世間のお盆休みより前でしたが)もランチタイムを過ぎた半端な時間にもかかわらず多くのお客さんが入っていました。やはり「品川」「横浜」「練馬」ナンバーが多かったですね。


玄関の靴の多さと店内の雰囲気が「田舎の親戚の家に法事で来た」ような錯覚を起こさせます。


さすが避暑地に近いだけあって、冷房なしでも外の空気と扇風機で十分に快適です。
遠くでヒグラシの声もしています。


窓の外には鳥たちの餌場などがあり、本当に目の前で、餌をついばむ鳥の姿が見られます。
写真にも写っているのですが見えますか?!


メニューはこんな感じです。おせいろ田舎などは840円と手頃。贅沢に天ぷら二色そば(二色そばはおせいろと田舎そばの盛り合わせ)にしても1470円なので通常のお蕎麦屋さんくらいの価格ですね。


冬には温かいおそばも良さそうですね。


お蕎麦屋さんに是非とも置いて欲しい「そばがき」もメニューに名を連ねます。その他そばづくしメニューも充実です。


蕎麦屋酒に欠かせない鴨焼鴨わさも有りますね。運転して来てるので勿論飲めませんが…。


この日はしっかりと噛み締めるべく田舎そば(840円)をオーダー。

田舎そば 田舎蕎麦 田舎ソバ いなかそば いなか蕎麦 いなかソバ
割り箸と太さを比べていただくと分かりますが、とにかく太いです。とてもすすれる太さではありませんので、喉越しを味わいたい方はせいろにしたほうが良いですよ!両方味わいたければ二色そばがお勧めです。


個人的な嗜好ですが、僕は蕎麦の場合は薬味を直接食べます。ワサビも大根おろしも頭や舌をリフレッシュしてくれて、次の一口が美味しくなりますよ。量を間違えると鼻に来ますが…。

↓人気blogランキング 地域情報(東海)へエントリー中。
是非ひと押し、応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ



蕎仙坊(きょうざんぼう)
静岡県裾野市須山1737 →MAP
電話 055-998-0170
営業時間 11:30〜18:00(売切れ次第終了 ※夜の会食の予約は応相談)
定休日 月曜日、第2・4火曜日
駐車場 30台可能










posted by 塾長 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報 裾野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。