2009年07月19日

沼津市五月町 小川食堂(DAINING OGAWA)

沼津市五月町 小川食堂(DAINING OGAWA)
沼津の学園通り、エリアでは割りと目印になっている「鶴亀不動産」の角を西へ進むと表れるオレンジの看板が小川食堂(DAINING OGAWA)です。
かなりキレイなお店で、前を通る度に気になっていました。
このお店、つい最近まではいわゆる普通の定食屋さんでした。


その事実は、店から東へ数軒のところにある駐車場の看板を見れば明らかです。

沼津市五月町 小川食堂(DAINING OGAWA)
それが今、青いタイルと木製のドア、大きく採られた窓に優しい色のロールスクリーンも美しい「ダイニング OGAWA」として生まれ変わっているのです。


店内は窓のお陰でかなり明るい雰囲気です。テーブルと椅子も木目調で、椅子の貼り地は黄色です。色数を絞っているので、お店の雰囲気に統一感があって良い感じです。


店内は近所の方とおぼしきオジさまオバさまで賑わっていました。
みんなカウンターにぎっしりと身を寄せ合って、かなり楽しそうにお話をされていました。古くからの常連さんでしょうね。
※プライバシー保護のため、画像は加工してあります。

聞き耳を立てていたわけではないですが、声が大きくて結構内容が聞こえてきてしまいました。「スルメイカが…」「ナマコが…」「ウミウシが…」「この前タコを…」って、何故か軟体動物の話で盛り上がられていて、ちょっと微笑ましかったです。

メニューは定食屋さんで想像できるものが揃っています。
さば味噌煮定食(780円)、まぐろの刺身定食(850円)、あこうだいの粕漬け定食(780円)などなど。
単品でも山芋(150円)、シラス大根(150円)、ポテトサラダ(150円)、納豆(100円)、水餃子(350円)などがありました。


僕が選んだのはメンチカツ定食(800円)です。
僕は滅多に定食屋さんには入らないのですが、勝手なイメージで「定食屋と言えば『メンチカツ』か『さばの味噌煮』だ!」と思い込んでいるフシが有るので。

付け合せはメンチカツの向こう側、向かって左からキャベツのサラダ、ポテトサラダ、小鉢に入って春雨とハムのサラダでした。ポテトサラダにしっかり味が付いていて、特に美味しかったです。中にはマカロニではなくエリーケ(らせん状のショートパスタ)が入っていましたよ。エリーケは味がよく絡まるので、こってりモノには良いですよね。


メインのメンチカツは、ちゃんと衣がサクサクでした。玉ねぎへの火通りも丁度良くてお肉もしっとりとしています。ソースは、いわゆるソースとケチャップを混ぜた味です。トロッと衣にまとわり付いて懐かしくも美味しかったです。

常連さんが多いとはいえ、特に居心地の悪さなどは感じずに入れるお店でした。
お店の方の対応が丁度良い感じだからなのもあるでしょう。

あぁ、オジさまオバさまが病院のウワサ話をしている…。
どの病院の評判が良いのか気になってしまう自分にオトナを感じるひと時でした。

↓人気blogランキング 地域情報(東海)へエントリー中。
是非ひと押し、応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ


小川食堂(DAINING OGAWA)
静岡県沼津市五月町13-9 →MAP
営業時間 11:00〜14:00 16:30〜22:00(LO 21:45)
電話 055-921-1366
駐車場 店前と店の東側にあり



※取材から期間が経っておりますので、記載内容が古い場合がございます。
何卒ご容赦ください。
お気づきの点など、コメントにてご指摘いただけると幸いです。


今日はどちらへ?エリア別飲食店検索リスト
お店情報 沼津市(大手町)  
お店情報 沼津市(東海道線より北部エリア)  
お店情報 沼津市(東海道線より南部エリア※大手町を除く)  
お店情報 三島市  
お店情報 裾野市  
お店情報 駿東郡清水町  
お店情報 駿東郡長泉町


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。